コラーゲンの効果は大きく分けて3つあります。 ・美肌効果 ・関節痛の軽減 ・動脈硬化の予防 コラーゲンの最も有名な効果は美肌効果でしょう。 コラーゲンを摂取することによって、体内にあるコラーゲンの新陳代謝が促進され、肌に潤いやハリを与えることができます。 体内のコラーゲンが不足すると肌が老化してしまうので、若々しい肌を維持するためにも積極的に摂取してください。 それに、コラーゲンには関節痛を軽減させる効果があります。 コラーゲンが減少してしまうと軟骨が磨り減ってしまいます。 そうすると、骨と骨が擦れ合ってしまい、関節痛が起きてしまうのですが、コラーゲンを摂取することで軟骨への負担を減らすことができ、関節痛を和らげることができるでしょう。 また、コラーゲンが足りなくなると血管が硬くなって、動脈硬化を起こすリスクが高くなります。 それを予防するためにもコラーゲンの摂取は大切です。 コラーゲンと聞くと美容効果のイメージが強いですが、その他にも色々な効果があることも覚えておきましょう。